1. ホーム
  2. タフフレキシブルフレームの特長

CCM協会 タフフレキシブルフレームの特長

雑木や植林の伐採が最小限で施工できます。

格子網目状に構成されたワイヤロープの間に立木を通すことができますので、最小限の伐採で施工ができ、自然林の緑の美観を損ないません。

不安定地層のすべり崩壊を予防します。

アンカーボルト(長さ2m~5m)を不安定地層を突き抜き安定地層に定着させ、地表面に設置された支圧羽根板とアンカーボルトとの複合機能により、不安定地層の土塊のすべり崩壊を予防する事ができます。

斜面全体を安定させます。

連結ロープで各支圧羽根板とアンカーボルトを繋いでいますので、相互の持ち合い効果があり、応力を分散させることにより斜面全体が安定します。また雑木や植林の倒木防止にも効果があります。

タフフレキシブルフレームの写真1

落石の予防もできます。

縦・横ロープや金網・厚ネットを張設することにより浮石・転石の滑落も防止できます。

ロープネット工やマイティーネット工との組合わせ施工が容易にできます。

支圧羽根板から縦および横ロープが容易に接続できますので落石予防工であるロープネット工やマイティーネット工との組合わせ施工が容易にできます。

タフフレキシブルフレームの写真2

ロープネットとの組合せ

タフフレキシブルフレームの写真3

マイティーネットとの組合せ

耐久性に優れています。

めっき付着量の少ないワイヤロープ、巻付グリップ等に亜鉛・10%アルミ合金めっきを施していますので耐久性に優れています。

緑化促進に優れています。

厚ネットを張設することによって密着した厚ネットが土砂部の浸食を少なくすると共に土砂や腐葉土が厚ネット内に堆積し易いため、自然の種子、根、株等が安定して斜面の自然復元を促進します。また客土吹付が容易にでき早期緑化もできます。

施工性に優れています。

軽量な削孔機(グランドドリル等)を使用しますので足場が不要で不安定地層にも容易に施工できます。

タフフレキシブルフレームの写真4

国土交通省:新技術情報提供システム(NETIS)

http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/UserInfo.asp

登録番号:SK-010018-V 技術名称:タフフレキシブルフレーム工法(TFF工法)

タフフレキシブルフレームの構造へ

ページの一番上に戻る