1. ホーム
  2. カーテンネットスーパーの特長

CCM協会 カーテンネットスーパーの特長

カーテンネットスーパーの写真1

カーテン構造により落石エネルギーをネット全体で吸収、高い衝撃吸収性能を発揮します。

カーテンネットは、落石を受け入れる斜面上に支柱および吊ロープを設置せず、落石の少ない安定した両サイドに堅牢な独特の支柱を設置して吊ロープおよび控ロープで保持し、落石が支柱や吊ロープに直接衝突せず、弾性体であるカーテン部のみで落石エネルギーを吸収する高エネルギー吸収落石防護工法です。設置場所の状況に応じて幅広く対応できるように、カーテンネット、カーテンネットスーパー、カーテンネットライトの3タイプを用意しております。

カーテンネットスーパーの写真2

強靭であり、落石エネルギーの吸収能力が優れています。

従来のポケット式ロックネット用ワイヤロープと比較して、強度が高く柔軟なワイヤロープをカーテン部の最上段横ロープや支柱吊ロープとして使用しています。また、縦・横ロープ(主ロープ及び補強ロープ)を密に配置しているため、径の大きい落石は、金網部だけでなく、ロープと金網が一体となって受け止めることにより、弾性体変形吸収エネルギーが大きくなり、エネルギーの吸収能力も格段に優れたものとなっています。

支柱間隔を大きくとることができます。

従来のポケット式ロックネットと異なり、支柱間隔を大きくとれる構造となっていますので、支柱を落石の危険のある斜面や沢部および不安定な崖すい域を避け、安定した箇所に設置することができます。このため落石の支柱や吊ロープへの直撃を避けることができます。また、起伏の著しい斜面においては、その起伏を利用し、アンカーを安定した地盤に直接設置して、最上段横ロープを張設してカーテンを設置することができます。

高所で発生した落石を確実に受け止めます。

カーテン部を支える支柱高さを2.5m~8.0mと高くして、上部をポケット状に大きく開口させているため、高所で発生し跳躍しながら落下してくる落石も確実に受け入れることができます。

損傷を受け難く、維持管理が容易です。

落石を受け止めるカーテン部は、ワイヤロープや金網等強度が高く柔軟な部材で構成されているため損傷を受け難く、また、ポケット式ロックネットと比較して落石の法尻への誘導性も優れているため、溜まった落石を容易に除去できます。

耐食性・耐久性が優れています。

全ての部材に亜鉛めっきを施しているので、耐食性・耐久性が優れています。特にめっき付着量の少ない金網やワイヤロープ等の線材製品には亜鉛アルミ合金めっきを施し、耐食性・耐久性を向上させています。落石災害を防止するために設置された重要な施設が、特定部材の腐食劣化のために、短期間にその機能を失ってしまうのは好ましくないとの前提から、多く設置される山岳地帯において、耐食性が50年以上期待できるめっき仕様を標準としています。

環境対策(タフコーティッド)仕様

環境対策仕様として、めっき面に変性飽和ポリエステル樹脂塗装を施した「タフコーティッド仕様製品」を用意しています。本製品の塗膜は、耐剥離性・耐外傷性・高密着性を有しており、塩害に対する高い防錆を有しています。また、金属系防錆では得られなかった耐酸・耐アルカリ性も有しています。更に、高い塗膜強度と伸びを有しているため、ワイヤロープ・金網等の変形する製品への塗装に対しても高い信頼性を有しています。巻付グリップに塗装した場合でもロープとの定着力は規定値を確保しています。
色は国土交通省景観ガイドライン指定のダークブラウン、ダークグレー、グレーベージュのほかグレー、グリーンの5色を標準としています。

国土交通省:新技術情報提供システム(NETIS)

http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/UserInfo.asp

登録番号:SK-980029-VE 技術名称:カーテンネット工(CN工法)

過去登録番号:KT-050045-VE 技術名称:タフコーティッド製品

カーテンネットスーパーの構造へ

ページの一番上に戻る