1. ホーム
  2. 高耐久仕様

CCM協会 高耐久仕様

「高耐久仕様」が標準・・・・・

高耐久仕様では、山岳地域で耐用年数が50年以上期待できます。
CCM製品は、アンカー等の金物類とワイヤロープ、金網等の線材製品を主部材として構成されており、耐久性は各部材に防食対策として亜鉛めっき等を施すことによって確保しております。

通常、金物類にはJISH8641「溶融亜鉛めっき」に規定するHDZ35(付着量350g/m2以上)相当以上の亜鉛めっきを施すことが容易であるのに対して、綿材製品にHDZ35相当以上の亜鉛めっきを施すことは特殊仕様となるばかりでなく、場合によっては、製造不能となってしまいます。そこで、綿材製品には溶融亜鉛めっきの2倍以上の耐食性(耐久性)がある亜鉛・アルミ合金めっきを施すことを標準としております。

落石災害を防止するために設置された重要な施設が、特定部材の腐食劣化のために、短期間にその機能を失ってしまうのは好ましくないとの前提から、CCM協会製品には多く施工される山岳地域において、耐用年数が50年以上期待できるめっき仕様を標準としております。

「環境」にも配慮・・・・・

環境対策仕様として、めっき面に変性飽和ポリエステル樹脂塗装を施した(タフコーティッド)仕様も用意しております。本製品の塗膜は、耐剥離性・耐外傷性・高密着性を有しており、塩害に対する高い防錆を有しています。また金属系防錆では得られなかった耐酸・アルカリ性も有しています。さらに、高い塗膜強度と伸びを有しているためワイヤロープ・金網等の変形する製品への塗装に対しても高い信頼性を有しています。巻付グリップに塗装した場合でもロープとの定着力は規定値を確保しています。

色は国土交通省景観ガイドライン指定のダークブラウン等の5色を標準としております。

タフコーティッド仕様実績

ロープネット工の写真01

ロープネット工

マイティーネット工の写真02

マイティーネット工

カーテンネット工の写真03

カーテンネット工
ページの一番上に戻る