1. ホーム
  2. プラスネット/プラスネットハニーの特長
  3. TSKブレイクアンカー

CCM協会 TSKブレイクアンカー

TSKブレイクアンカーは、TSKプルストップシステム(NETIS登録番号 HK-110033-A)を採用することにより、従来の水平方向耐力はそのままに、土砂部用アンカーの弱点である引抜方向荷重にも抵抗できる信頼性の高いアンカーです。

土被り部・土砂部

土被り部

断面詳細

土砂部


TSKブレイクアンカーの特長

想定外の崩落がおきても、岩部用アンカーと同様に引抜抵抗力が働きます。
引抜力に抵抗する定着箇所は地盤を選びません。
周辺の地盤に影響を及ぼすことなく施工が可能です。

TSKブレイクアンカーの特長


TSKブレイクアンカーの施工

■アンカー上部材

エアーハンマーによりアンカー上部材を掘削しながら打込みます。アンカー上部材の施工完了後、さらに下部を掘削し定着材を充填し、アンカー下部材を挿入します。

アンカー上部材の写真

アンカー上部材の画像


■アンカー下部材

土砂部の場合

1. ハンマービットの交換

ハンマービットの交換

2. 下部穿孔

下部穿孔

3. 定着材注入

定着材注入

4. アンカーシステム挿入

アンカーシステム挿入

▲ページの一番上に戻る


土被り部の場合

1. 穿孔用ガイド挿入

穿孔用ガイド挿入

2. 下部穿孔

下部穿孔

3. 定着材挿入

定着材挿入

4. アンカーシステム挿入

アンカーシステム挿入

▲ページの一番上に戻る


TSKブレイクアンカー耐力表

TSKブレイクアンカー耐力表

※アンカー耐力は、上部材については「N値=3」の地盤、下部材については、「土被り部用は軟岩」、「土砂部用はN値=30」の地盤における数値です。条件が異なる場合は技術資料をご参照下さい。

※岩部の場合はTSKセメントアンカーを使用します。

ページの一番上に戻る